ペンダントを付けてみよう|一個上のオシャレを楽しむ

選ぶときのポイント

ファッションを把握する

婦人

ペンダントは「ぶらさげる」「吊り下げる」という言葉の意味があり、先端にペンダントトップという何かぶら下げるものがついているアクセサリーをいいます。ネックレスの場合は先端に何もついていないものもありますが、ペンダントの場合はパワーストーンやシルバーアクセサリーなどポイントとなるものがついているのです。そのポイントによって身につけると、ファッションのイメージも大きく変えることができるため、身につけるものを選ぶ際には気をつけなければなりません。カジュアルなファッションで身につける場合は、シルバーアクセサリーのペンダントが似合うといいます。フォーマルなファッションで身につける場合は、パワーストーンがついているものや陶器をペンダントにデザインしたものも似合います。そしてペンダントトップだけでなく、首にかける紐やチェーンにもデザイン性がありまして、ファッションによってそのスタイルも変わっていきます。たとえば陶器をペンダントにしたものは紐でつるしているものが多く、シックなファッションにあわせるとワンポイントとなってファッションが栄えてきます。シルバーアクセサリーの場合はシルバーのチェーンでつなげられているものもあれば、紐でつなげているものもあります。チェーンの場合はカジュアルなファッションに合いますが、紐でつるされているものはフォーマルなものにも似合います。このようにデザインによって身につけ方も換わってくるので、ペンダントを選ぶ際には自分がどのようなファッションスタイルなのかを把握することが重要です。

人気アクセサリーの一つ

女の人

ペンダントとは「つりさげる」「ぶら下げる」という意味のある言葉です。その意味から、アクセサリーとは別に天井からつりさげる電球を指すときもあります。一般的にはアクセサリーを指し、首にひもやチェーンをつけたペンダントヘッドをつけるものです。装飾具として歴史は古く、世界中から出土されているペンダントは、昔から男女問わず華やかさの象徴として身に着けられていました。お守りのように身に着ける人や、勲章としてぶら下げるという使い方もありました。現代においても、ペンダントはネックレスと同じく首元や胸元を飾るアクセサリーとして、根強い人気があります。指輪はサイズが合わせなければならず、ピアスは耳に穴が開いていないと身に着けることができません。イヤリングもずっとし続けていると耳が痛くなる人もおり、男性がプレゼントとして選ぶ場合悩みが多いのですが、ペンダントの場合極端に短いチェーンなどを選ばなければサイズはほとんどありませんし、値段の幅が大きいことから、女性へのプレゼントとしても重宝されています。ペンダントの良い所は、長さやひも・チェーン・ペンダントヘッドの選び方でカジュアルにもシックにも合わせることができる点です。結婚式などドレスには豪華な作りのものを、ジーンズなどのカジュアルなコーディネートの時はチェーンを長めにしたり皮のひもでヘッドをつるしてみるなど、おしゃれの幅をもたせてくれるアクセサリーとして注目されています。

宝石に注意

ウーマン

多くのペンダントには、美しい宝石が付いています。宝石が付いていない場合は、金やプラチナなどの金属の素材に合った手入れをすればいいので簡単です。また普段の手入れ方法は、はずしたときに拭くだけでも十分ですが、汚れが激しい場合は、中性洗剤と洗面器を用意してください。洗面器に中性洗剤を2〜3滴入れたら、ペンダントをつけてやさしく洗います。さらに歯ブラシなどでゴシゴシ洗うと宝石部分に傷がつくおそれがあるため、綿棒などを使って丁寧に洗ってください。特に、汚れやすい部分は、首に接触するチェーンの部分です。汗や皮脂汚れがついているので、念入りに洗いましょう。また宝石には、やわらかい宝石と硬い宝石があります。硬い宝石だから力を入れていいというわけではありませんが、やわらかい宝石の方が傷がつきやすい傾向があります。硬い宝石は、ダイヤモンドやルビー、トパーズなどです。やわらかい宝石は、パールやサンゴです。実は金なども、やわらかい金属に含まれます。やわらかい宝石が使われているペンダントは、洗う際に注意が必要です。洗剤で洗ったら水を取り替えて、洗剤の成分が残らないようによくすすいでください。それが洗い終えたら、やわらかいタオルかキッチンパーパーなどで水分を拭き取ります。日陰で陰干しするか、ドライヤーで乾かす場合は、熱風で乾かさないようにしましょう。日光や熱に弱い宝石があります。手入れを行う前に、ペンダントについている宝石について、よく調べておきましょう。

スイスの時計技術の賜物

ウォッチ

オーデマピゲの時計は、オリジナリティのあるデザインや高度な技術が特徴的です。カジュアル雰囲気のシリーズが多いため、シンプル志向の方からも人気です。肩の力が抜けたセレブ感が特に魅力で、各シリーズの個性が評価されます。

もっと読む

名だたる老舗メーカー

腕時計を身に着ける人

オーデマピゲは世界三大高級腕時計メーカーのひとつで、伝統と確信の両方を兼ね備えたメーカーです。常に伝統と新しい物に挑戦しており、現在レアな価格で中古でも流通している為、マニア垂涎のアイテムも珍しくありません。

もっと読む

選び方のポイント

アクセサリー

プレゼントでペンダントを贈るとなったら、選び方で悩む方がいらっしゃるでしょう。そういった方は、まずペンダントの長さの種類を知って相手の首の太さや長さを思い浮かべて選ぶようにしてください。そうすれば、プレゼント選びで失敗することはないでしょう。

もっと読む