ペンダントを付けてみよう|一個上のオシャレを楽しむ

選び方のポイント

相手を考えて選ぶのが大事

アクセサリー

ペンダントをプレゼントする時は、まず相手の顔やファッションを思い浮かべるでしょう。しかし、1番重要なのはペンダントの長さやトップの大きさになります。人によって首の太さや長さが違うので、顔やファッションに合わせて選んでも実際に首につけてみたら短かった、または長かったなどの問題が起こることがあります。こうなると、せっかくプレゼントしたのに着けてもらえないと言う状況になってしまいます。ペンダントには、基本的に5種類の長さがあります。それぞれ似合うタイプの首があるのでご紹介します。チョーカータイプは、35センチ〜40センチほどの長さになります。誰にでも似合うタイプの長さになるので、プレゼントとして選ぶには最適です。プリンセスタイプは、40センチ〜43センチほどの長さでチョーカータイプよりも若干余裕があります。首の太さがわかりづらい方にはおすすめです。マチネタイプは、55センチ前後の長さです。これは、目立つペンダントトップに合う長さなので、顔やファッションに合うかを考えて選ぶといいでしょう。オペラタイプとロープタイプは、80センチ〜110センチをとても長くなっています。これらは、人によって好みが分かれるのでプレゼントにはあまり向いていません。このようにペンダントを選ぶ時は、デザインだけではなく長さにも注目して選ぶことをおすすめします。そうすることで、相手に似合うものを選べるようになり贈った時に喜んでもらえるでしょう。

服装に合わせる

レディ

ペンダントは、飾り物がついている、首から下げるファッションアイテムです。様々なシーンで使われ、男女ともに多くの人が愛用しています。ペンダントの特徴は、ネックレスとは違い、装飾品がメインということです。良く似たネックレスは、飾り物がついていなく、鎖自体が飾りとして成り立っているというものも多いのです。さて、女性がペンダントをつける場合、大切なのは服装に合わせる、という点です。スカートで女性らしいファッションにした場合には、それに合うかわいらしいペンダントが良いでしょう。レースがついているものや、きらきら反射するものなどがおすすめです。逆にジーパンなどと合わせるときは、ボーイッシュなペンダントにしましょう。シルバーのものや、飾り物が小さくスタイリッシュなものが好まれます。服装に合わせたペンダントをいくつか持っておいて、おしゃれの上級者になりましょう。また、男性の場合は、あまり大きすぎないものが好まれます。男性の服装はシンプルなものが多いため、ペンダントが大きすぎるとアンバランスになってしまいます。しかし、フォークロア調の服装にする際には、羽がついたものなどが良いでしょう。このように、男女ともにペンダントは服装に合わせるということが重要となります。カップルでお揃いのペンダントを買う場合は、どんな服にも合わせやすいシンプルなものがおすすめです。素敵なペンダントで、おしゃれを楽しみましょう。

チェーンとトップで使い道

ウーマン

クリスマスやバレンタインのお返しでプレゼントに選ばれやすいのは、アクセサリーの中でもペンダントです。なぜペンダントが人気なのか、その理由は、幅広い層が身につけやすいタイプのアクセサリーであり、価格も手ごろだからといえます。また、指輪をプレゼントに選ぶ場合、贈る側・贈られる側双方にとって、ある程度重さを感じるプレゼントとなってしまいがちです。しかし、ペンダントの場合には、手軽に身につけられるアクセサリーであり、相手に喜ばれやすいことも特徴といえます。女性にとってはビジネスやプライベートで身につけやすいアイテムとされ、特に大人の女性の胸元を飾るのには最適です。気分やファッションに合わせてペンダントトップを変える事で違ったイメージにもでき、コーディネイトの幅を広げます。身につける物によってイメージを変えられるのも人気のひとつで、1度チェーン付きをプレゼントして、後はトップだけをプレゼントできるでしょう。定期的に変えて楽しむことや、他のチェーンやトップと組み合わせたおしゃれを楽しむことも、メリットといえます。本当に特別な相手にプレゼントしたい場合は、ペンダントとピアスのセットでプレゼントできることも人気のひとつです。他のアクセサリーと同じデザインで組み合わせると、統一感が出て大人のおしゃれを楽しめるのもメリットといえます。同じデザインであっても、宝石によって更にイメージが変えられる為、石を変えてプレゼントする人も少なくありません。